企業のみなさまへ

令和2年度 ホームページ バナー広告募集のご挨拶

拝啓

貴社におかれましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
2度目の東京オリンピック開催を楽しみに迎えた新たな年、令和2年は、新年早々新型コロナウィルス肺炎が流行し、まさに世間はパニック一歩手前の騒がしさです。感染症弱者、糖尿病の皆さんをどう支援しどう救うか、行政と医療者にはやがて大きな課題が見えてくることでしょう。
増加の止まらない糖尿病対策としての一般市民への啓発活動、多数の糖尿病患者への療養指導には、様々な医療職種スタッフと医師のチーム医療による対応が求められます。
平成13年より日本糖尿病療養指導士認定機構による日本糖尿病療養指導士(CDEJ)が認定され、宮城県でも約360名のCDEJが活躍しておりますが、そのほとんどが仙台医療圏に集中し、糖尿病専門施設に勤務しています。多くの糖尿病患者がより良い診療、療養指導を受けられるよう、宮城県糖尿病対策推進会議では宮城県糖尿病療養指導士認定委員会を立ち上げました。平成29年には宮城県地域で活躍する糖尿病専門スタッフである「宮城県糖尿病療養指導士(CDE-MIYAGI)」の認定を開始、県内広く各地域から多くの職種の応募があり、この3年間で507名のCDE-MIYAGIが誕生いたしました。宮城県医師会員の先生方からも熱い期待の言葉を多数頂くなど、大きな反響がありました。
本認定委員会の認定業務は、多くの協賛各社からの温かいご支援により執り行うことができました。この場をお借りしまして心より厚く御礼申し上げます。本年もまた多くの認定希望者の応募が予想されておりますので、引き続き本委員会ホームページバナー広告を通じまして、ご支援を賜れば幸いに存じます。
末筆となりましたが貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

敬具

令和2年2月吉日

宮城県糖尿病対策推進会議 宮城県糖尿病療養指導士認定委員会 委員長
(東北医科薬科大学医学部内科学第二 糖尿病代謝内科)
赤井 裕輝

 

 

ホームページ バナー広告募集要項

1.媒体名

 宮城県糖尿病療養指導士(CDE-MIYAGI)認定委員会 オフィシャルウェブサイト

 URL:https://www.cde-miyagi.jp

2.ホームページ年間運用管理予算

 40万円(税抜き)

3.広告掲載料

 新規・・・5万円(税抜き)

 更新・・・3万円(税抜き)

4.バナー広告の表示位置/枠数

 トップページの左側/12枠

5.掲載期間

 1年間(更新可) ※次回の更新は2021年3月更新

6.申込方法

 広告掲載申込書(PDF)に必要事項をご記入のうえ、下記の担当者宛にFAXにてお送りください。バナー広告の規格・仕様などについて担当者よりメールにて連絡させていただきます。
別途、趣意書が必要な場合は、ご連絡お願いいたします。 

FAX送付先:022-222-6213(仙台厚生病院 総合健診センター 星野 ゆかり 宛)

7.申込締切日

 2020年3月23日(月)


Copyright(C) 宮城県糖尿病療養指導士認定委員会 All Rights Reserved.